ロゴ

施工管理に採用されるために必要な条件とは

>レポート>資格があれば施工管理に採用される確率がアップ

資格があれば施工管理に採用される確率がアップ

作業員

求人サイトなどを活用

建設現場において工事全体の進行管理を行うのが施工管理です。土木工事における専門職の一種であり、各工事現場には施工管理技士の資格を有するものを最低1名以上配することが必要とされるため、施工管理は現場における高い求人ニーズが期待できる職種となっています。施工管理の求人は、インターネットの求人サイト・転職サイトなどで見つけることができます。条件検索が可能なサイトで、「施工管理」で検索をしてみてください。求人の数は比較的多めであり、有資格者であれば採用の際に有利になります。特定の地域で働きたいという場合には、地域のハローワークを利用するのもよいでしょう。豊富な経験があれば、即戦力としての採用が期待できます。

作業員

資格の取得が必要

建設現場で工事全体の管理を行うのが、施工管理の仕事です。施工管理では、工事の進行を管理する工程管理に加えて、工事の寸法や形状や強度などを管理する出来高管理や品質管理、さらに作業の安全やコストを管理する安全管理や原価管理など、工事に関する様々な管理を行うことが必要とされます。施工管理として採用されるためには施工管理技士の資格が必要であり、資格には1級と2級が設定されています。取得には年に1度行われる試験を受けて、これに合格することが必要です。2級の資格のみでも採用は十分に可能ですから、まずは2級の資格を取得して土木工事の現場で十分な経験を積んでから、1級資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。